FC2ブログ

行ってきました。

 
行って来ました。
3日前に「行きたいっ!」って思って。
チケット譲ってもらって、2日前にホテルなどなど抑えて。
イキナリ行ってきました。

会場前で結構チケット譲りますって方たちがいたから、会場内空席目立ってるかな?なんて思ってましたが…
目立ってるなんてものじゃなかった…
2階席は2/3ほどがガラガラ…
いやぁすごかった。アレはやってるほう辛いですよ…。

日にちを選ぶとか、出演者を減らして一人の持ち時間を増やすとか、会場を狭くするとか…なんとかしてほしいって気分でしたねぇ。

ま、そんなことは製作サイドに任せて。


 
え~~っと出演者は7人。

1.ジョンフン(韓国)

2.チャン・ジョン・ウ(韓国)

3.イ・ワン(韓国)

4.ショーン・ユー(香港)

5.ディラン・クオ(台湾)

6.Star(韓国)

7.VanNess(スペシャルゲスト/台湾)

って順番でしたね。
一人大体15-20分の持ち時間っぽかったです。


で、最初に歌った韓国のジョン・フンさん。
可愛かった&歌うまかった。更に日本語もうまかった
『宮』と言うドラマの主演俳優さんなんですって。
で、20歳前後かと思っていたら…80年生まれ。
はれ?26ぐらい?
結構いってるのねって気分。
でも歌は本当にうまかった。
10月25日に日本でビュー果たしたところだそうなので、ちょっとCD買ってみようかなって気になったけど。(かわないけど。だってミニアルバムなのに2000円越してるんですもん。高い)
『宮』はあちこちで写真を見てたりしたので(って多分おそらく海外報道サイトであがってた)ちょっと気になってたんですけどね。
10月から日本でもOAって案内あったんですけど、テレビ東京だった…>見れませんからっ


続いて出てきた
チャン・ジョン・ウさん
この人もうまかった
『天国への階段』『天国の樹』>タイトルあってますかね?(自信なし)
のサントラの中に曲が収録されてて、オリジナルアルバム作成中とのこと。
日本語はあまり得意でないようす、司会者が通訳もかねて話してくれました。


イ・ワンさん
ん~。コメントできない。歌わなくてもよかったかも。


次。
ショーン・ユー…
え~~~~っと。
とりあえず、『DS』とか『インファナル』のイメージがあったので、ちょっとびっくりスタイルでした。
日焼けして、髪の毛の色も変わってた…
一瞬誰?!って。アンディ(・ラウ)さんと同い年って言われたら信じるよね、ってのが後からの観た人たちの間での感想でしたが。
歌に関しては…ん~。前もってあんまり…と言う話を聞いていたので特に衝撃は受けませんでしたが。
声量はあったかな。
曲と曲の間で上着を脱いだのはいいんだけど…
その上着の中にカンペ入れちゃってたんだね。あせってる様子がちょっと可愛かった。
うん。俳優さんに専念してた方が…いいかな?(すいません、毒吐きで)


ディラン・クオさん
ん~~。スタイルよいのを生かした服装だった。
です。
はい。
この方も俳優さんでいいんじゃないかなぁ…と。
この方のカンペは手のひらでした。
あんなにマイクを握り締めて歌ってて、消えてなかったんだろうか?って妙な心配をしてしまった私がいます


ショーンのステージがステージ全体をかけまわるステージで。
ディランのステージが真ん中でず~~~~~と立って歌ってるステージでした。(+左右に小刻みに揺れながら歌ってましたが…)
動と静って感じでしたね。


間Starって女性の方が出てきました…
ん~。ごめんなさい。覚えてないです。
「次VanNess~~~~」ってもう心の中はそっちだけ



で。



VanNessがスペシャルゲストとして紹介されたとたんに会場内のボルテージが一気にあがってましたね。
ほとんどVanNessの客だったようで。

女性2名、男性4名のダンサーを従えてのステージでした。

立体的に立てられていたステージをちゃんと使ったのはVanNessだけでしたね。
26日はRainだけがあぁやって使ったのか??ちょっと気になってしまいました。もったいない。折角のセットなのに。
ま、そんなことはおいておいて。


出てきたときの格好は…



この格好が一番近いかな。

中は白でしたけど。
ってか多分VAN-DALISMでしてるカッコウなんでしょうけど。(自分は観てないので自信ないですけど。)
ちょうどいい写真が無いんですよね。
歌ったのは三曲

《♪零時差》 がこの格好(↑)で。


二曲目…香港でも歌ってくれた歌なんですけど、タイトルわからず…(って《♪零時差》が出てきただけ、私の中ではすごいこと(^^;)
二曲目は赤のジャケットを脱いでたので…




コレが一番近いかと…
頭は何もかぶってなかったけど。


最後も曲名わからないっ(ってか見てわかった方教えてください
着てたタンクを捲し上げて、女性ダンサーがかぶって出てきた白いキャップをかぶってのステージでした。


(これが載せられる写真の中では一番近いけど、実は「VAN-DALISM写真集」の表紙のキャップを白にするのが一番)




間は
「ゲンキ?」「サミシカッタ?」「アリガトっ」などの日本語&米語ちゃんぽんのMCでしたね。
“TOKIO”の“O”を叫んでねってのもあったし。

VAN-DALISMを観ていた方は、そのときより細くなってるってことを言ってはりましたけど。
私的には今ぐらいがちょうどいい感じでした

相変わらず躍らせてると格好いいけど、日本語話させると&笑うと可愛い♪って感じですね。

VanNessのステージは安心してみていられるので好きだなぁ。
ってか、VAN-DALISM観てみたかったなぁ。
映像化はしないよなぁ…と思いつつ。

お髭もない、目にラインも入れてない、キャップも最後のときしかかぶらなかったVanNessを堪能してきました。 



最後、出演者が全員ステージに呼ばれてそろうんですけど。

VanNessが一番最初に呼ばれて、間一人挟んで、ショーンが出てきたときに、がっしりとハグしたかとおもうと、ディランが出てきて握手しにいってるVanNessの背中をちょんちょんつついて、「写真撮ろう!」って自分のデジカメでツーショットの写真を撮ってたショーンに笑いましたけど。
その後、VanNess一人のも撮ってたな>ショーン
どうすんだ?Van一人のショットの写真なんて




ま、なんだかんだであっという間の2時間でしたね。

笑ったり、叫んだりして楽しかったです。
ちょっと近くの席に超音波張りに甲高い声で叫び続ける方がいたので、耳が痛かったですけど。

会場から出るときに(おそらくK-POPのファンの方なんでしょうけど)
「ヴァネス・ウーって子よかったね。歌もうまかったし、踊りも上手だったし」
って会話が耳に入ってきちゃって。
一人でニマニマしてました(完全に不審者)


ただ。
K-POPが日本受けする理由がこうやって一緒のステージに立つとよくわかりました。
皆か~~なり努力してるんですよねぇ。
うまいんですよね、基本的に。見せ方も売り方もうまい。
ん~。頑張れ、C-POP。
見せ方はともかく、売り方が下手だから>台湾系全般的に(^^;



&久しぶりに会った方、急遽行くことにして強引に誘い出した方。
お会いできて嬉しかったです~

中には香港以来って方もいましたしね?(笑)>いっつもすれ違っちゃうから…

&&相変わらず毒舌全開のトークを聞かせてしまってすいません


11月は行きません行けませんが、またいつかおあいしましょ~ね~~
 


写真は2006.03.26&2006.08.27の新浪さん、2006.07.11のent.QQさんより
Secret